有限会社 共栄メディカル0120-971-294

住宅改修サービス

施工例

住環境の整備で安心安全の在宅生活を!

バリアフリー化によって、必要以上の行動範囲の制限を行うことなく安全性の確保はもちろん、介護負担の軽減→活動性の向上→身体機能の維持向上の「良い循環」を創ることが出来ます。

介護保険における住宅改修

住宅改修も介護保険の対象です。
20万円を上限とした住宅改修工事が1割負担で行うことが出来ます。

公的介護保険が適用される住宅改修サービス

施工前に申請し、保険給付の対象となることの確認を受けてからの着工になります。 急いでいるからと、先に工事をしてしまうと保険給付の対象になりませんのでご注意ください。

1.住宅改修の概要

要介護者等が、自宅に手すりを取付ける等の住宅改修を行おうとするときは、必要な書類(住宅改修が必要な理由書等)を添えて申請書を提出します。
工事完成後、領収書等の費用発生の事実がわかる書類等を提出することにより、実際の住宅改修費の9割相当額が「償還払い」で支給されます。また、事前に申請することにより最初から自己負担分の支払いのみで制度を利用することができる「受領委任払い」制度も利用することができます。
なお、支給額は、支給限度基準額(20万円)の9割(18 万円)が上限となります。

2.住宅改修の種類

要介護者等が、自宅に手すりを取付ける等の住宅改修を行おうとするときは、必要な書類(住宅改修が必要な理由書等)を添えて申請書を提出します。
工事完成後、領収書等の費用発生の事実がわかる書類等を提出することにより、実際の住宅改修費の9割相当額が「償還払い」で支給されます。また、事前に申請することにより最初から自己負担分の支払いのみで制度を利用することができる「受領委任払い」制度も利用することができます。
なお、支給額は、支給限度基準額(20万円)の9割(18 万円)が上限となります。

  1. ①手すりの取付け
  2. ②段差の解消
  3. ③滑りの防止及び移動の円滑化等のための床材の変更
  4. ④引き戸等への扉の取替え
  5. ⑤洋式便座への便器の取替え

    住宅改修を行うにあたり介護保険を利用される際には、市町村へ事前に申請していただく必要があります。

    ※詳しくはお住まいの市町村へお問合せください。

  6. ⑥その他

    住宅改修告示第1号から第5号までに掲げる住宅改修付帯して必要となる住宅改修としては、それぞれ以下のもが考えられます。

    1. 手すりの取付け

      手すりの取り付けのための壁の下地補強

    2. 段差の解消

      浴室の床の段差解消(浴室の床のかさ上げ)に伴う給排水設備工事

    3. 床又は通路面の材料の変更

      床材の変更のための下地の補修又は通路面の材料の変更のための路盤の整備

    4. 扉の取替え

      扉の取替えに伴う壁又は柱の改修工事

    5. 便器の取替え

      便器の取替えに伴う給排水設備工事(水洗化又は簡易水洗化に係るものを除く)、便器の取替えに伴う床材の変更

  1. 有限会社 共栄メディカル
  2. 住宅改修サービス

お問い合わせ

0120-971-294 (平日 9:00-17:00)

お問い合わせ

LINE公式アカウント

LINE公式アカウント